郷土料理なめろう

わたしの好きな海鮮料理は、千葉・房総の郷土料理なめろうです。
なめろう、という響きも可愛くて好きです。

作り方はあじの皮をむき、骨をとり、小さくカットし、刻んだしょうがと刻んだねぎ(小口ねぎを使う事が多いです)とみそをあわせ、ねばりけが出るまで、包丁でたたきます。
新鮮なあじが手に入った時で無いと食べられません。

ほかほかご飯になめろうで、何杯でもご飯がすすみそうないきおいです。
味付けが濃い目なので(みその分量を少なくすれば、薄くなります)、日本酒やビールのお供にもぴったりです。

もはや、なめろうでは無いですが、みその代わりに醤油につけて食べるのもおいしいです。
(なめろうは漁師料理で、船の上で食べる時、こぼれないよう味噌にしたようです)

どんなきっかけでこの料理を知ったか定かではありませんが、大人になってからはずっと好きです。
なめろうをフライパンで焼いた、さんが焼きというメニューも、少し香ばしくて好きです。
(例えると、薄い魚のハンバーグのようです)
あじ以外にも、金目鯛やいかやかつおのなめろうもあるようで、いつか食べてみたいです。