鯨の「尾の身」の寿司

鯨の「尾の身」の寿司を、一度だけ食べた事があります。

マグロの大トロの様な感じでしたが・・・たぶん、もう2度と食べられないでしょうね・・・。

ちなみに、自分は、特に鯨は好きではありません。
地元が伝統的に捕鯨を行っていた関係で、他の人よりは鯨を食べる機会は多いと思いますが、買ってまで食べたいとは思いません。

ですが、「尾の身」については話が別ですね。
いわゆる鯨の味ではありませんでした。

そもそも、年配の人たちが「脱脂粉乳」と一緒に食わされたと嫌悪する大型の鯨と、今、食用になっている小型の鯨では味がまるで違います。
味が悪くても、大量に供給が可能な大型の鯨を食べていたのは、食糧難の時代に栄養を優先した結果でしょう。
自分が小学生の頃も給食に鯨は出ましたが、この頃の鯨は割と美味しかった覚えがあります。
「噛み切れない」ほど固くもなく、食べられない様なひどい味でもありませんでした。

そもそも、この飽食の時代に、不味い鯨を大金を払って食べようという人は少ないでしょう。
食品として商品価値がある、という事は「味が良い」前提があると思って良いと思います。
「マズい鯨なんて、食えなくて結構」という人は、ちょっと認識を誤っているのでは無いでしょうか?

という事で、「捕鯨は生態系を破壊する」などと喧伝されていますが、そういう大型の鯨を捕ろうという話では無いはずです。
だいたい、同じ哺乳類を食べるなんて残酷、というなら牛だってブタだって・・・おっと。こんな政治的な話をするつもりは無かったのですが。

まぁ、なんとかして「尾の身」を大量に手に入れて、欧米人に食べさせてやりたいですね。
一転して、「少しなら捕っても構わないんじゃないか?」「そうそう。なにしろ、日本の食文化だしね。」などと言い出す様な気がします。

寿司

かにが沢山乗ったそのチラシ寿司

私は子供のころに、父の田舎に行ったときにチラシ寿司というものを初めて食べました。
父の田舎はかにで有名でしたので、かにが沢山乗ったそのチラシ寿司が凄く豪華に感じました。

父が亡くなり、父の田舎にも行くことがなくなりました。
私はスーパーで売っているチラシ寿司の元を使って、自分でチラシ寿司を作るようになりました。

それは、ご飯に混ぜてから卵焼きを細く切ったものと、いくらとしょうがを乗せます。
それだけですが、このチラシ寿司を初めて食べた息子は、「世界で1番おいしい!」と言ってくれたことがありました。

それは幼稚園のころでした。
その後も、時々チラシ寿司を作ることがありますが、スーパーで買ういくらがちょっと高いなと感じてしまっています。

おすし屋さんのチラシ寿司は全く違いますよね。きっと息子はおすし屋さんでチラシ寿司を注文したら、
これはチラシ寿司ではないと感じるかもしれません。
チラシ寿司は誕生日などに作ることが多いです。

いつかは子供にもかにが沢山乗ったチラシ寿司を食べさせてあげたいですね。

寿司

寿司って美味しいですよね

海鮮料理はたくさんありますが、その中でも寿司は別格だと思います。
ものすごく美味しくてたくさん食べたくなってしまいます。
一つ一つのサイズがちょうど良く、一口で食べられてしまうのが良いなあと思います。
日本人に生まれてきてよかったなと感じます。

海鮮料理を食べるなら刺身や海鮮丼もいいなと思います。私は海鮮の中でウニが好きです。
とにかくまろやかな味わいで、いくらでも食べられてしまいます。
値段は高いですが、それだけの価値はありますね。

私はウニの瓶詰めを買ってきて、それを食べながらお酒を飲むのが好きでした。
ウニをちびちび食べながら焼酎を飲むのはこれ以上ない幸せでしたね。
この世にこんなに美味しいものがあっていいのかと感じました。

いま日本では回転寿司がありますから、寿司を食べるにもそれほどお金が掛かりません。
寿司に対する敷居が少し下がってきたように感じます。
これからも美味しい寿司を食べていきたいと思っています。

寿司