鯨の「尾の身」の寿司

鯨の「尾の身」の寿司を、一度だけ食べた事があります。

マグロの大トロの様な感じでしたが・・・たぶん、もう2度と食べられないでしょうね・・・。

ちなみに、自分は、特に鯨は好きではありません。
地元が伝統的に捕鯨を行っていた関係で、他の人よりは鯨を食べる機会は多いと思いますが、買ってまで食べたいとは思いません。

ですが、「尾の身」については話が別ですね。
いわゆる鯨の味ではありませんでした。

そもそも、年配の人たちが「脱脂粉乳」と一緒に食わされたと嫌悪する大型の鯨と、今、食用になっている小型の鯨では味がまるで違います。
味が悪くても、大量に供給が可能な大型の鯨を食べていたのは、食糧難の時代に栄養を優先した結果でしょう。
自分が小学生の頃も給食に鯨は出ましたが、この頃の鯨は割と美味しかった覚えがあります。
「噛み切れない」ほど固くもなく、食べられない様なひどい味でもありませんでした。

そもそも、この飽食の時代に、不味い鯨を大金を払って食べようという人は少ないでしょう。
食品として商品価値がある、という事は「味が良い」前提があると思って良いと思います。
「マズい鯨なんて、食えなくて結構」という人は、ちょっと認識を誤っているのでは無いでしょうか?

という事で、「捕鯨は生態系を破壊する」などと喧伝されていますが、そういう大型の鯨を捕ろうという話では無いはずです。
だいたい、同じ哺乳類を食べるなんて残酷、というなら牛だってブタだって・・・おっと。こんな政治的な話をするつもりは無かったのですが。

まぁ、なんとかして「尾の身」を大量に手に入れて、欧米人に食べさせてやりたいですね。
一転して、「少しなら捕っても構わないんじゃないか?」「そうそう。なにしろ、日本の食文化だしね。」などと言い出す様な気がします。

コメントは受け付けていません。 寿司