海鮮料理で一番好きな海鮮焼きもの

海鮮料理で一番好きなもの。

それは素材の味を楽しめ味わえる「焼きもの」です。
焼きガニ、焼きガキ、焼きホタテ、焼きハマグリ、焼きサザエ、そして存在感タップリの海老の鬼殻焼きです。

実際食べてないのでわかりませんが、絶対毎日食べても飽きない自信があります。

カキも生牡蠣もツルッとのど越しよくクリーミーで美味しいのですが、若干潮の味がキツメです。
焼くことでこれまた美味しさ閉じ込めて、私を至福の世界へ誘います。

サザエもお刺身でコリコリと食べるのもいいですが、やはりお醤油を少し垂らして、つぼ焼きで食べるのが最高です。
お醤油の少し焦げた香ばしい匂い。
これぞ、日本の食べ物です。
これを食べないと夏が始まらず、これを食べないと夏が終わりません。
緑色の苦味も、大人な味です。
お酒も進みます。

海老はもちろん、ボイルでも焼きでも、尻尾の殻を剥いて、ちょっと身が残っているところまで食べます。
小さな海老は殻ごとむしゃむしゃ食べるとカルシウムもとれている感じがして、なんか嬉しいです。

カニはボイルが一般的で、それはそれでとっても美味しいのですが、焼くことで旨みがギュギュギュっと濃縮され、さらに美味しく幸せに食べることができます。
参考:タラバガニ お取り寄せ
URL:http://www.seharibersamapresiden.org/

焼き物以外なら海鮮丼が大好き

焼き物以外で私が好きな海鮮料理は、ずばりシンプルに「海鮮丼」です。
マグロ・サーモン・タイ・イカ・イクラ・エビ・カニなどが豪華に乗った海鮮丼に醤油をかけて食べるものも好きですし、マグロやサーモンの漬け丼のように味付けがされているものも好きです。

会社の近くには、500円前後で美味しい海鮮丼を食べられるカウンターのみのお店があり、ランチタイムにはサラリーマンや近辺の学校に通う学生たちでいっぱいになります。
私は20代後半の女性ですが、一緒になって並び、サラリーマンたちに一人挟まれながら美味しく頂いています。
そのお店にはポイントカードがあり、雨の日にはスタンプが3つ押してもらえるので、朝からわくわくしてしまいます。

また、自分で解散丼を作る時には、醤油にお酢や白ごまを混ぜて、中華風の味付けにしています。
海鮮だけでなく、アボガドなども乗せる事もあり、家族からも好評です。
これからも色々な海鮮丼に出会い、たくさん食べたいと思っています。

鮮度の良さそうなお店を選んでいます

海鮮料理にしても、魚料理にしても、鮮度が大切です。これがないと、素材がどんなに良くてもダメになってしまうので、私はお店で食べるときは、必ず鮮度の良さそうなお店を選んで食べるようにしてます。好きな海鮮料理はまぐろやウニ、いくらがのった物です。

ワサビと醤油をまぜたものをまぶして食べる、たまらないです。どの季節にも楽しめますね。あとは、イカがイカそうめんみたいに一緒にのってると尚更良いです。甘エビものってると嬉しいです。

魚料理は、私はホッケ、鮎が好きです。味付けをしなくても魚自体に素敵な味がもうついている、本当に美味しい魚だと思います。焼いて食べるのがすきです。
鮎はできれば天然物が好きです。小さい頃、川で釣って食べた新鮮がな鮎が忘れられません。

ほっけは、ベストシーズンは本当に美味しいですね。しかも、大きさも大きいので、お得感もあります。これも、味付けをしなくて身に美味しい味がもうついている、素敵な魚です。飲みに行くと、必ず注文します。男性の方も、好きな方がおおですよね。

とにかく魚料理は鮮度、焼き具合、つける塩や調味料も大切です。

海鮮料理で一番好きな海鮮焼きもの はコメントを受け付けていません。 焼き魚